FGSでの学び

  • HOME
  • FGSでの学び
  • 特色

特色

「FGSでの学び」の特色

上智大学は、1913年の創立以降、世界の人々と分かち合える価値観や視点の上に、専門分野と語学を両輪とする教育システム、留学支援体制など、グローバルな対応能力(グローバル・コンピテンシー)を高めるための仕組みやノウハウを蓄積してきました。 FGSは、その「グローバル教育100年の蓄積」をフルに活用しながら、「世界を立体的に捉える理論」の「効果的・効率的な習得」を図ってゆきます。 そして、「どんな“現場”でも、グローバルとローカルの双方向視点で“解”を見つけ、他者のために、他者とともに、現実的かつ着実に“カタチ”にしてゆくプロフェッショナル」、即ち「国際的公共知識人」を育ててゆきます。
上智大学のグローバル教育100年の蓄積

世界を立体的に捉えること

FGSの研究と教育は、「国際関係論」と「地域研究」、この二つを融合させた「グローバル・スタディーズ」を三位一体として探求することで、グローバル化した世界を立体的に捉えることをめざします。

上智大学ならではのグローバル・スタディーズ

「国際関係論」は全体を観るグローバルな視点ですが、個々の問題が顕在化するのは地域の現場です。一方、「地域研究」は地域の現場を観るローカルな視点ですが、そこで顕在化する問題の多くはグローバルな事象との関わりを持つものです。従って、この二つの視点を併せ持つことで、世界をより立体的に、そしていきいきと理解することができるのです。

上智大学ならではの「国際関係論」

FGSの「国際関係論」は、学際的であると同時に、グローバル化との関連を積極的に取り入れた構成になっています。すなわち政治、経済、社会の幅広い分野にわたってグローバル化と諸学問との関わりを問い(グローバル化と政治学、グローバル化と経済学、グローバル社会学)、グローバル化と直接関連付けられたテーマに取り組み(グローバル・ガバナンス論、グローバリゼーションと市民社会、グローバル化と発展途上国)、グローバル秩序の形成に際立った影響力を持つ国や国際機関(アメリカ、中国、国連)を扱います。

上智大学ならではの「地域研究」

FGSの「地域研究」は、人々の暮らしの現場へと入り込みながら、その地域の文化、政治、経済などを深く学んでゆく実践的なものです。研究の対象とする地域は、日本のみならず世界の成長エンジンとなりつつあるアジア、アフリカ・中東に軸足を置いています。 (北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、ロシア・ユーラシアは、外国語学部の開講科目を履修することで、深く学ぶことができます。)

深みを持ちつつも、効果的・効率的に学ぶこと

FGSでは、学生諸君一人ひとりの興味や関心に基づき、学びの対象を「幅広い選択肢から柔軟に選ぶ」ことができます。そして、「緻密かつ体系的に構成されたカリキュラム」と「プロフェッショナルな教員」がそれを支えます

幅広い選択の機会から柔軟に選べる学びの機会

上智大学では、学部の壁を越えた科目選択を通じて、学際的な学びを奨励しています。FGSの学生諸君は、外国語学部や国際教養学部の授業を履修し、そこで修得した単位を卒業単位にすることができます。さらにその他の学部の授業も積極的に履修できます。 また、FGSでは、留学を積極的にサポートするとともに、2~4年次生で海外を含む多様な組織でのフィールドワークやインターンシップなどを自主研究科目として設定できる仕組みをととのえています。これらにより、一人ひとりの将来像や興味に応じた幅広い学びを進めてゆくことができます。

綿密かつ体系的に構成されたカリキュラム

FGSでは、国際関係論の下に「国際政治論」と「市民社会・国際協力論」、地域研究の下に「アジア研究」と「中東・アフリカ研究」という、二つの学問分野(系)と四つの領域を用意しています。 開講科目は、学修の順序やレベルを踏まえ、入門、基礎、専門、応用の四つのグループに分けられた上で、100台から400台までの番号が振られています。これはナンバリングと呼ばれ、欧米の大学で始まり、日本でも定着しつつある仕組みです。 学生諸君は、自らが描く将来の職業像に合わせて、それらを柔軟に組み合わせることができるだけでなく、学ぶ力点を変えることができます(「メジャー」「マイナー」)。

理論と経験を併せ持つプロフェッショナルな教員

優れたカリキュラムや幅広く柔軟な学びの機会も、学生と教員の真剣な努力なしには、教育の成果としてカタチにはなりません。FGSでは、高度かつ最先端の理論的な裏付けとともに、国際的な機関やNGOとの協働や現場での実務経験を有する教員が、自らの全てをもって、一人ひとりの学生諸君に働きかけてゆきます。こうした教員の熱意も、FGSならではの学びの特色です。

© SOPHIA UNIVERSITY, ALL RIGHTS RESERVED.