上智大学経済学部

上智大学経済学部

経営学専攻のカリキュラム

バランスの取れたカリキュラム

基礎理論、分析方法(統計学や社会調査技法)から現実の経営現象の分析まで幅広く、かつ、基礎と応用のバランスの取れたカリキュラムを特長としています。

多彩な講義形式

伝統的な文献講読、現実の事例を利用した「ケースディスカッション」、データ分析の実習等の多様な講義形式を設定しています。これら講義を通じて、探求力、分析力、応用・実践力、および、コミュニケーション力が培われます。

複数の教員による指導

修士論文作成プロセスにおいては、複数の専門スタッフから多面的な指導があります。これにより研究課題に対する分析の視点や方法等の幅が広げられます。

大学院担当教員の研究分野

網倉 久永 組織能力の構築と競争優位の維持
新井 範子 インターネットマーケティングとビッグデータ・アナリシス
荒木 勉 生産・物流システムと経営科学の応用
石井 昌宏 資産価格評価とリスクマネジメントに関する研究
小林 順治 組織および管理に関する理論的研究
上妻 義直 非財務報告、統合報告
西澤 茂 グローバル企業の財務報告分析、国際課税研究
杉本 徹雄 消費者行動と広告の心理学的研究
竹之内 秀行 日本企業の海外直接投資と企業間関係
山田 幸三 伝統産業の事業システムと企業家活動に関する研究
細萱 伸子 人的資源管理と人材開発
小阪 玄次郎 製品開発にかかわる組織の設計
王 志 企業組織の経営管理、企業のグローバル化と管理会計
杉谷 陽子 マーケティング・コミュニケーションに関する実証研究