上智大学経済学部

上智大学経済学部

経済学専攻のカリキュラム

コースワークで着実に学ぶ

  • 経済学の共通基盤である、ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学を1年次の必修科目で着実に学びます。
  • 各自の研究課題に応じて応用経済学の科目を履修し、高度な専門知識を学びます。

少人数で対話的な論文演習

  • 最近の研究動向を踏まえた修士論文を完成させるため、少人数で対話的な指導を行う論文演習を必修科目としています。
  • 高度な分析手法やデータなど最新のノウハウが提供され、セミナー報告を通じてプレゼンテーション能力も養います。

複数の教員による指導

修士論文作成プロセスにおいては、複数の専門スタッフから多面的な指導があります。これにより研究課題に対する分析の視点や方法等の幅が広げられます。

大学院担当教員の研究分野

青木 研 産業組織論、医療サービスの産業組織
出島 敬久 日本の賃金と雇用、少子化に関する応用計量経済分析
川西 諭 ゲーム理論と行動経済学の応用分析
近藤 広紀 財政・公共経済学、都市・地域経済学、マクロ経済学
プテンカラム,ジョンジョセフ 発展途上国の持続可能な開発、アジアの経済成長と開発の理論研究
竹田 陽介 マクロ経済学、金融政策、家計金融、政治経済学、最適課税、イノベーション
蓬田 守弘 国際経済学、国際貿易論
濵野 正樹 国際マクロ経済学、国際経済学、新経済地理学
堀江 哲也 環境経済学、資源経済学、生態系経済学
釜賀 浩平 社会的選択理論、厚生経済学、法と経済学
來島 愛子 確率モデル、最適化理論、不確実性下の意思決定
南橋 尚明 日本経済、金融論、産業組織論
中里 透 マクロ経済学
髙橋 和志 開発経済学、応用ミクロ計量分析
竹内 明香 計量ファイナンス、金融リスクとオプションの実証分析
倉田 正充 国際経済史、開発経済学、農業経済学