上智大学経済学部

上智大学経済学部

経済学部長挨拶

経済学部長挨拶

広い視野と先見性を持ち、国際的な場で活躍するリーダーとなる人材を育成する
経済学部長
蓬田 守弘

古き良き伝統

上智大学経済学部は学内で最も長い歴史をもつ学部の一つです。上智大学は1913年にローマカトリック教会の男子修道会であるイエズス会により東京四谷の地に設立されました。当初は、哲学科、ドイツ文学科、そして商科の3学科で開学されましたが、現在の経済学部はそのうちの商科を起源としています。設立から百年余りの伝統を持つ経済学部には、現在、経済学科と経営学科の2学科があり、各学科に1学年約165名の学生と約15名の専任教員がいます。長い歴史のある経済学部は、各界で活躍する多くの卒業生を輩出してきました。卒業生のネットワークは、教育や就職をはじめとして現役生にも大きなメリットとなっており、経済学部にとってもかけがえのない資産であるといえます。

新たな挑戦

上智大学経済学部は、これまで築いてきた伝統を守りつつ、次世代を担う人材の育成に向けた新たな挑戦に取り組んでいます。世界では反グローバリゼーションの動きもありますが、経済のグローバル化は歴史的な観点からも止めることのできない大きな潮流です。こうした流れに対応して、経済学部では「経済学・経営学 英語特修プログラム」を開設しました。このプログラムでは世界からの留学生と机を並べて学ぶ機会があり、語学力だけでなく多様な文化や価値観への理解を得ることが期待されています。さらに2020年秋から経済学科に、そして2022年秋からは経営学科にSophia Program for Sustainable Futures(SPSF)が開設されます。経済学部のSPSFではすべての授業が英語で行われ、経済学や経営学の学士号を取得することができます。国内だけでなく海外からも学生を募集し、地球規模の様々な課題について考え「持続可能な未来」実現への方策を実践的に学ぶ科目も開講される予定です。

グローバル社会に貢献できる人材の育成

上智大学経済学部は「広い視野と先見性をもちグローバル社会に貢献できる人材」の育成を目標としています。この目標は上智大学の教育理念であるキリスト教ヒューマニズムの精神を基礎としたものです。現代のグローバル社会は、貧困、不平等、環境、医療をはじめとする様々な地球規模の課題に直面しています。こうした問題の解決に向けてどのような経済活動が必要なのか、そのためにいかなる政策や制度が望ましいのか。経済学や経営学は、こうした疑問に対して多くの有益な知識や考え方を学ぶことができる学問です。上智大学経済学部では、経済学や経営学の叡智を学ぶことで「すべての人々が豊かさを享受できる社会」を模索し、「他者のために、他者とともに」の精神を忘れずに、そのような社会の実現に向け貢献できる人材の育成を目指しています。

2019年4月
経済学部長 蓬田 守弘